FURIKAKE工房にてカメラストラップの製作が始まりました。FURIKAKEのファンであるTAKESHIが旦那のお手伝いに来ましたが、まずは練習しないと製品は縫えないので、フエルト素材を縫ってます。初めはみんなへたっぴです。FURIKAKEもまだまだ成長の途中なので、ぼちぼちと楽しくなるものを作れれば良いなと思ってます。

大事な事、それは、どうやれば作れるかを考えて実行に移す事です。実際に作ってみなければ分からない事だらけです。ですが、一度作ってみるとどうすれば良いか、答えがどんどん見つかります。それが作る楽しみに繋がっていくのではと考えております。

FURIKAKEは作りたいという気持ちを応援するブランドになりたいと思っています。

 

縫う前の準備は重要です。テープ本体が曲がっていないかを確かめて滑り止めのパーツの位置を決めます。

縫製が完了すると、革の部分のオイル磨きです。3〜4回程オイルで磨きます。左端は実験でエイジング処理してみました。

 

パイロット品には無かったですが、これはオリジナルの刻印のテストです。ロゴやイラスト、ネームなど複雑な物で無いものなら別注で刻印できます。別途金額はかかりますが、こういう仕上がりもかっこいいです。ちなみに、写真はいつも商品撮影でお世話になっているDaisuke FukeさんのFUKE STUDIOさんのロゴ入りストラップです。

パイロット品も順番にお作りしております。でき上がった順に連絡致しますので、どうか、のんびりとお待ちくださいね。